BCGの翌日

だいたい、自分も赤ちゃんだったのだ、

という事を忘れて生きていたのが、娘が生まれてくれてから

ああ、どんな人間も赤ちゃんだったんだよなぁ、という

当たり前の事に気がつくのであるが、

もう一つ当然の事があって、それは

自分が赤ちゃんだった頃の記憶がない、という事で、

だって、僕、漏らした事なんかないもん、と

子供のころ思っていた自分であるが、娘を見て、

どう考えても自分も、滅っ茶、漏らしていただろう。

でもその記憶が、ない。

三島由紀夫さんの『仮面の告白』冒頭で、

~自分が生まれた時の光景を見たことがある~

というような事が書かれているが、普通おぼえているわけがないのであって、

それは、予防接種の記憶も同じで、

注射の記憶は、小学校入ってからしか私はないのだけれども、

娘が毎月しているのを見ていると、

人間、色んなものを入れて育ったんだなぁと思ってしまう。

f:id:yoshinari888:20180830230558j:plain

<BCG予防接種、翌日の腕>