成田ゆめ牧場ハイハイレースに出場してきました!

昨日、娘初めてのハイハイレースに出場してきました。

ハイハイレース開催場所は、千葉県の成田ゆめ牧場さん。

ハイハイレース説明中にゆめ牧場キャラクターゆめこちゃん登場
<ハイハイレース説明中にゆめ牧場キャラクターゆめこちゃん登場>

娘、初めてのハイハイレースに

この日、ゆめ牧場さんのハイハイレースに出場するには条件がありました。

それは、

<牧場にちなんだコスプレをすること>

ちなみにこの企画、成田ゆめ牧場さんも初めての試みだったそうです。

ゆめ牧場さんのハイハイレースは、3着まで景品有りとの事ですが、それとは別にコスプレ賞もあるとの事。

コスプレ賞は後日ホームページで掲載されるとのことで、ハイハイレース当日にはだれがコスプレ賞になったのかはわかりません。

後日ゆめ牧場さんのホームページを要チェックですね!(私はチェックのするのを忘れてしまいました)

下はハイハイレースを見学しにいったときと、ハイハイレースのイメトレをしたときの記事です。

関連記事

人生最初の勝負は、ハイハイレースだと言われているようです。聞いたところによるとハイハイレースとは、ショッピングモールや、イベント会場などで開催されることが多いそうです。ハイハイレースは出場できる期間がかぎられている[…]


関連記事

11月が始まりましたね!私の住む千葉県は今日は天気が良かったです。今年もあっというまに11月ですね。書きたいことが沢山あるのですが、娘の成長の方が早く、書き損ねております。初めてのハイハイレース出場予定[…]

ハイハイレースもコスプレも初めてです

ということで、コスプレすることがハイハイレースに出場できる条件ですから、コスプレどうしようか、と。コスチュームを考える。

牧場にちなんだコスプレとはどんな感じなのでしょう?

まず真っ先に思いつくのが<牛>。
これは絶対多いと思いました。

当日、牛の恰好してくる赤ちゃん多いであろう。ね。これは想像できます。真っ先に思いつくし、コスプレ賞をとるのは難しいと私は思った。

今回の、このコスプレ賞で選ばれるとしたらきっと、

  • かなり目立つ
  • もしくはひとり異様なオーラを放つ
  • ママの手作り感

なのではないかと私は考えた。

そこで私は、2案考えました。

1案目、

牧場の方が選考するのだから、牧場で働いている人の恰好をするのはどうか。コスプレされたら嬉しいのではないか。親近感わくのではないか。

例えば、オーバーオールを着てチリトリを持っている、とか。藁を服につけたりとか。

妻に話してみたところ、

「ヤダ」

2秒で撃沈しました。ありがとうございました。

2案目、

馬。

うちの娘は、マキバオーと、作者つの丸に似ているので良いのでは、と。

妻に話してみたところ、

「ハ?」

一秒で撃沈しました。ご意見ありがとうございました。

妻の意見を聞いてみると…

そこで、逆に妻に聞いてみた。いったい、どんなイメージをしているのか。

「どんなのがいいんだい?」

妻は「うーん」と言って、やや黙ったまま空中を見ていた。

そして思いついた!という表情で

「牛かな!」と言った。

出た!

出た!


普通!

俺がこんなに、考えているのに、牛って!ひねりないし。私は、以前ならここで言い争いになっていた。

「普通すぎる」と私。

「普通のどこがいけない」と妻。

「いけないわけじゃないさ」

「何がいいたいの」

「あまりにも普通すぎるのでは」

「あまりにも普通の何が悪い」

以下同文ループ。

そして最終的に私は、責められ、言い負かされ、だんだんお腹が痛くなってきて、青い顔をしておトイレに逃げ込んでいた。

(世のパパにとっておトイレは安住の地だ!)

譲(ゆず)ること 

が、今回の私はちょっと違う。私の目的はと言えば、

<ハイハイレースを体験すること>

そして

<家族の楽しい思い出を作る事>

なのだから、つの丸をゴリ押しして、走れコウタローが流れる中、険悪なムードになる事では、ない。

私はいまや、ユズルことができるのだった。氷の上は滑れないが、ユズルくんだ。

私は、妻に「牛もいいかモー」と言いました。

妻には無視されました。

メルカリで牛検索によって、服を探し、妻に商品画面を見せ、購入タップ。妻は商品画面を見て「可愛いすぎる!」を連発していた。

そして「絶対、娘に似合う!」と何度も頷いていた。

ゆずるだけでスムースだ。スムースすぎる。

ゆめ牧場コスプレハイハイレースのコスプレ服
ゆめ牧場コスプレハイハイレースのコスプレ服購入

 後日、届いた牛の服を、娘に着させてみた。牛は牛でとても良いのだが、娘が男の子に見えた。

娘は、男の子に間違われる事が多いが、牛を着させると完全に男の子だった。牛になったというより、男の子になったような気がした。

勉強になった事

<牛の服は、男の子に見える>

初めてのハイハイレース
f:id:yoshinari888:20181105212534j:plain

 <ハイハイレース当日の様子>と、<同日開催、UFOを呼ぼう!撮影会>の話へつづきます…

ゆめ牧場ハイハイレースの当日

当日お昼ごろ、現地入りした我々。

まずハイハイレースの受付をしました。受付を済ませると、ゆめ牧場スタッフさんに案内され、コスプレ用の写真を撮ることに。

娘、牛のコスプレに着替えて、家族3人の写真を撮っていただきました。 

撮影も終わり、ハイハイレースまで待つ

撮影が終わると、レースまで時間がありましたので、ゆめ牧場内を散歩しました。

ハイハイレース開催までゆめ牧場散策
ハイハイレース開催までゆめ牧場散策

f:id:yoshinari888:20181106201823j:plain
ヤギの頭上へ、娘の足裏タッチをさせようとしてる妻。最初かかと落としをくらわせようとしてるのかと思った
ゆめ牧場セグウェイ乗り場
セグウェイ乗り場

動物たちを見ながら、散歩していると、牧場らしくない案内看板がありました。

それがこちらです。

成田ゆめ牧場でUFOを呼ぼう!

看板の下のほうには「 撮影写真がUFOと鑑定された方にオリジナル缶バッジ進呈(なくなり次第終了)」と記載されています。

この看板を見た私は、無性に参加したくなりました。

「よぉし、家族で参加するぞ!」と私は言った。

「ひとりで参加してきて」と妻。

(このUFO撮影会の様子と、召還呪文は後日お伝えします)

ハイハイレース開始時刻に

そうこうしていると、ハイハイレース開始時刻になりました。

ハイハイレースを行うにあたってのルールをゆめ牧場スタッフさんが説明してくれます。

そして、ついにレース出場者の名前が呼ばれます。私どもは第1レースだったので、すぐ呼ばれました。

このときの第1レースは、7名の参加でした。

スタート地点に娘と妻スタンバイ

ハイハイレースのスタート地点に娘と妻が行き、私はゴールで待つことになりました。

ハイハイレーススタート地点に移動する妻と娘

競争する距離は2メートル。

たかが2メートルなのに、遠く感じるなあ。

ハイハイレースの距離は2メートル

並んでみるとまさかと思ったが、娘の両サイド赤ちゃんも牛服だった。

ハイハイレーススタート地点


<右から二人目の牛の服が娘です>

そしてついに、ハイハイレーススタート!

スタッフさんのマイクから、ヨーイ、

の合図が。

そして、

「スタート~」

ハイハイレーススタート

ややあって娘は一歩出たかと思うと、

ハイハイレースで笑顔

笑いだした。

ハイハイレースでポーズ

そして、横向きでお座りをしだした。

ハイハイレースハイハイしない

いっこうにハイハイせず、残される牛3人組み。

ゴール地点では、私がおもちゃを振り回したり、名前を一生懸命呼んだりしているが、娘いっこうにハイハイする気配がない。

私の後ろから妻が、

「カメラを振りまわせ!」

「おもちゃを左右に振れ!」

「おもちゃを床に置け!」

と私が既にしていることを、再度指示しやがる。

それでも、娘に動きがないので、

しびれを切らして妻は、交代しろ、と背中と後頭部を叩くので、私と前後交代。

妻と前後交代して応援

 すると、娘が少し動き出した。

ハイハイレースずりばい


<妻が手を伸ばして、娘を呼んでいる>

こういうの、悔しい。

妻だと動く。私だと動かない。妻だと動く。私だと動かない。

ハイハイレースずりばい


<娘がんばって前進している様子>

ハイハイレースゴール近く

<ついにゴール間際まで来た!>

そのとき、カウントダウンするアナウンスが聞こえた。

5、

4、

3、

2、

1、

そこまで!

ハイハイレース終了!

ハイハイレースの制限時間は三分だったので、ここで終了となった。

娘、ゴールできず!

ハイハイレースゴールできず

 娘はゴール近くで妻に抱きかかえられた。

「よくがんばったねえ!」と妻。

ハイハイレースゴール

くそ、それ、俺がやりたかった事だ。

娘を抱きしめ、

「よくやったジャンヌ・ダルクよ」と言いたかった。

基本的においしいところは、妻にもっていかれる。

隣のレーンで起こっていた事

しかし、隣のレーンのご家族の感動ぶりの方が、凄かった。

お隣のレーン、ゴールで待っていたのは、赤ちゃんの兄弟、お兄ちゃんたち2人。

ハイハイレース時間ぎれになると、お兄ちゃんのひとりが赤ちゃんを抱きかかえ、キス。

そしてもうひとりのお兄ちゃんに体重を預け、抱き合いながら赤ちゃんを含め三人の兄弟は、画面から消えてった。

f:id:yoshinari888:20181106204545p:plain

素晴らしい家族愛!

これが、やりたかった!

ゆめ牧場スタッフさんに呼び止められ、順位を知った私

ひとり悔しがっていると、私の肩を叩く人が。

振り返ると、ゆめ牧場さんスタッフの方だった。

「3位です!」とスタッフさん。

「え?」と、私。

「おめでとうございます!」

ゆめ牧場ハイハイレース3位!


<スタッフの方が紙を渡してくれた>

それを見ていた妻が喜んだ、喜んだ。

私を癒してくれた人

更に私に話しかけてくる人が。

隣のレーンの旦那さんだった。

「これ落としてましたよ」

と私のメガネを渡してくれた。

<隣のレーンだった優しい旦那さん>

レース中、カメラ撮影もしていたので、私は胸ポケットにメガネをいれていたのだった。

妻があまりにも応援の指示を出してきやがるので、私の動きがしっちゃかめっちゃかになり、メガネが飛び出てしまったのだ。

どれほど私が動いていたか。

知っているのはこの旦那さんだけだ。

拾ってくださった隣の旦那さん、笑顔の素敵な旦那さん、私はあなたの笑顔に大変癒されました。この場をかりて感謝申し上げます。

そして次の第2レースが始まるので、我々は場を譲った。

ハイハイレースの景品(賞品)

妻が賞品は何かと聞くので、見てみると「牛乳小瓶2本」だった。

ゆめ牧場ハイハイレース景品

<第3位 親子で牛乳小瓶2本>

会場をあとにし、賞が書かれた紙と、牛乳を交換してもらった。私達はひといき休めるベンチに腰掛け、娘のおかげである、牛乳をいただいた。

この日は曇り空だったが、妻の表情は晴れやかだった。

「ありがとうね」と妻は言った。

私に言ったのかと思って妻の顔を見たら、娘にだった。

ゆめ牧場ハイハイレース景品牛乳

(牛乳瓶の後片付けは私がやらされた)

ゆめ牧場ハイハイレースに参加してわかった事

1、ハイハイレースは、家族の良い思い出になる。

2、おいしいところは、ぜんぶ妻がもっていく。

…さらに、UFOを呼ぼう撮影会の様子は、後日に続きます。

UFOを呼ぼう撮影会の様子はこちら

元看護師の妻が 娘に使っているアイテム

ベビーワセリン(60g)【ケンエー】 

1歳になるまでにしたい事の最新記事8件